煮詰まる

一昨日のことはあまり覚えていない。DMの発送が終わった。

昨日はスタッフ会議があって、その後部室でwebの作業。あと、以前日記に書いた『Lode Runner’s High + Low』をサークルの男子に見せた。みんなが予想通りの反応をしてくれて嬉しかった。

森博嗣著『朽ちる散る落ちる』読了。

今日は作業をしたかったが、私のアイディアが無くてできなかった。発想力が無いせいで迷惑をかけてしまう。そのあと通し稽古。

美容院

今日は4限が突然休講になったので、髪を切りに行った。私は3年近く同じ美容院に行っているのだが、いまだに予約するときに「担当の者の希望はございますか?」と訊かれると、「特にありません」と答えている。しかし、ここ4回くらい何故か同じ人だ。その人は映画が好きなので、最近観た映画は何かとか、その映画は面白いのかとか、色々訊いてくるのでちょっと面倒くさい。美容院という場所が、自分にとって少し恥ずかしい場所なので(自分から「ここはこうして下さい」などと言うことができない)、なるべくなら寡黙なキャラで通したいのだ。とは言っても、美容師の人が喋った方がいい仕事ができるというのなら、会話を盛り上げることもやぶさかではないのだが、私のために会話をしているのだろうか。だとしたら辛いなあ。

その後、タワーレコードとRUSHに行った。V.A.『SWEET DREAMS for fishmans』、SKETCH SHOW『LOOPHOLE』購入。

恋の門

今日は友達と『恋の門』を観に行った。私はこの友達からかなり影響を受けているのだが、最近は私が彼女を啓蒙して、私色に染める計画を実行中なのだ。「松尾スズキワールドにびっくり!」となるかと思ったが、舞台などと比べると松尾スズキ度は薄めだった。ラストの漫画を描くシーンがすごく良かった。

その後授業を受けて、またしても機械になってDM作成。あと宛名だけだ。

森博嗣著『六人の超音波科学者』読了。

仮装大賞

日記を二日抜かしてしまった。

一昨日はサークル全員で、大道具などを作る日だった。地震について、地元の友達と連絡を取ったりもしながら、大工仕事。

昨日は来週やらなくてはならない、模擬授業について友達と打ち合わせをしたりした。夜、実家に電話して、「電気は朝復旧したが、ガスが来なくて、風呂に入りにスーパー銭湯に行ったら、人が多すぎて入れてもらえなかった」という話を聞いた。

鈴木清剛著『ハーイ!デイズ ナイト』読了。

今日は放課後から九時半まで部室で、DM作成。自分を機械のようにして、チラシを折ったり、封筒を糊付けしたり、ハンコを押したり、封筒にチラシを入れたり。

突然だけど、欽ちゃんの仮装大賞のサイトで動画が観れるのだが、すごいことになっていて驚いた。『ピンポン』がすごい。こんなことができるなら、舞台ももっと色々できそうな気がする。『学校の鏡』も感動した。あと笑ったのが『世界一周の旅』。1ネタ終わるごとに、サンダーバードの歌を歌いながらすごい勢いで次の準備をするのが面白い。必見。

地震

今日はサークルで提携している女子大との合同練習があった。久し振りに女子大の友達と会えて嬉しかった。女子大の子達を「かわいいなあ」と眺めるのが好きだ。

夜、新潟で地震が起きた。実家が新潟なので、繋がらない電話を掛け続けて家族の安否を確認した。とりあえず生存確認は取れたので一安心。電話が繋がったときは停電で暗かったみたいだから、家の中がどうなっているかは分からないが。

246番地の雰囲気

今日はペンギンプルペイルパイルズの『246番地の雰囲気』を観に行った。ほんとに好みだった。生バンドがいて、しかもそれが大好きなSAKEROCKで、ハードボイルドをなめてかかっていて、俳優が個性的で芸達者。何と言っても途中、歌が入るのがいい。もし、私に才能とお金があれば、こんなことをやりたい。無理だけど。もう一度観たいな。

安野モヨコ対談集 ロンパースルーム』読了。

俺たーちゃ 街にーは 住めなーい からにー

今日は授業と、サークルの用事をちょこちょこ。そう言えば、授業で『荒野の決闘』を観た。名前は知っていたが、観るのは初めてだ。ラストシーンだけを観たのだが、お決まりのカウボーイが去って、女の人が残るというシーンだった。カウボーイが女の人に「クレメンタインという名前が好きです」みたいなことを言って、バックに「愛しのクレメンタイン(←音が出るので注意)」が流れてきた。いいシーンだったのだが、私には英語の歌に重なって、同じ曲に日本語詩をつけた、「雪山賛歌(←音が出るので注意)」が流れてきて、ちょっと笑ってしまった。昔、好きでよく歌っていた。しかも下のパートを。基本的に何でも下のパートが好きだ。関係ないが姉も下のパートが好きで、家で姉と「もみじ」などを歌うと、両方下のパートを歌ったりする。♪やーーーまのおふ・も・と・のすーそおもよおー

チラシ&台風

昨日は印刷会社にチラシを取りに行った。一万枚を頼んで、今までだと二千枚で一包みだったので5人で行ったら、クラフト紙にしたら千枚で一包みだった。今、紙の重さを計算してみたら、一人分6.5625kgだった。双子くらいだね。それが、段々伸びて細くなっていくビニル袋や、肩掛けのバックなどによって、一点にかかっていたのだ。今日、筋肉痛になるわけだな。帰ったら、疲れていて、日記も書かずに寝てしまった。

今日は台風だったね。父親から台風を心配したメールが来たのだが、最後に「ちいさい秋見つけました」と書かれ、コスモスの写真が添付してあった。返信では台風のことだけを書いた。

talbyの”ちょっとした”工夫
最後の写真の説明のところに、『メニューが動物シリーズである理由は「日本語を読めないマーク・ニューソン氏が、”カメはカメラ””ウサギはデータフォルダ”など、動物の絵で機能を判断していたため」』という記述があるが、日本語が読めないのに「カメはカメラ」って駄洒落だよ。偶然なの?でもこのメニュー画面はかっこいいかも。

『村松友視からはじまる借金の和』読了。

熱燗娘

特に何もなかったな。月曜の授業は疲れる。

昨日の話だけど、コンビニにヒップホップ系の格好の男の人(以下ヒップ)と、ギャル系の格好の女の人(以下ギャル)のカップルがいた。ヒップがギャルに酒の缶を持ってきて、

ヒップ「これほらボタン押すとあったかくなるやつだよ」
ギャル「えー、すごいねー!すごいねー!」
ヒップ「こんなん俺らが幼稚園の時からあるよ」
ギャル「すごいねー!」

みたいな会話をしていた。ギャルは適当に受け流しているという訳ではなく、ほんとに驚いていた。かわいい会話だったので書いてみた。ヒップなやつにも幼稚園時代があったんだね。

森博嗣著『人形式モナリザ』読了。

シスアド&五反田団

今日は初級システムアドミニストレータの試験があった。会場が白百合女子大学だったのだが、受験生も全員が女性で、ちょっと面白かった。男子禁制なのだろうか。おそらく教官には男性もいるだろうけど。華やかな雰囲気とは裏腹に、教室内は新車の臭いがして少し気持ち悪くなった。会場で偶然会った友達と、帰りに自己採点をしたのだが、非常に微妙なところだった。落ちたかもしれないな。

そんなもやもやした気持ちを引きずりながら、こまばアゴラ劇場で五反田団の『いやむしろわすれて草』を観劇。五反田団はおそらく今まで一番観てきている劇団だ。当たり外れがあるような気もするが、1500円だし、五反田団にしかできないことをやっているように思うので、いつも観に行く。今回は今までと少し違った。笑いもあるのだが、いい話だった。若草物語を下敷きに書いたそうで(全然違ったけど)、四人姉妹が出てくる。私が三人姉妹なので、いちいち分かる。子ども時代の描写がすごく良かった。あと、五反田団なのにリアルなセットがあった。本物のベットと椅子とサイドテーブル。普通の劇団だったら少ないくらいだが、最初に五反田団を観たときなんて、殆どのセットが段ボール箱で、マイムで見せていたのだ。