Purple Rain

今日は朝から公演のバラシの続き。セットの壁やドアなどを、木材と釘になるまで壊した。

家に帰ってから、また『My Fair Lady』を観ながらウトウトして、次にPrinceの『PurpleRain』を観た。これが最高だった。以前はPrinceのような派手派手しいミュージシャンは好きではなかったのだが、歳をとったのか、好みに変なこだわりがなくなってきた。昔は化粧系のミュージシャンも苦手だったが、「個性があって、大いに結構!」という感じになってきている。そのジャンルの中での好き嫌いは当然あるけども。大体あんな服を着こなせるのはPrinceくらいだろう。あと、着こなしているかは疑問だが、林田健司か。やはりPrinceのステージは圧倒的だ。物語上、客に受けていない設定のシーンも、普通にかっこいい。そしてクライマックスのライブシーンは最高だ。一昨日、『My Fair Lady』がダンスがなくても面白いと書いたが、やはりダンスがあるのはいい。Princeのダンスはわくわくさせる。「Iwould die 4u」の「u」の部分で客席を指す決めポーズをバンドで合わせてるところなんか、嬉しくなって思わず笑ってしまった。あと、Princeのライバル役のバブルガム・ブラザーズみたいなバンドが、「コメ・コメ・ウォー」みたいな歌を歌うシーンで、揃いのダンスをするシーンも良かった。ヒロイン役の常に半裸のお姉ちゃんのライブは、ちょっと好みじゃなかった。しかも歌手の設定なのになかなか歌わないので、ちょっとじりじりする。まあスタイルは抜群なんだけど。PrinceのライブDVDとか観たいな。こんなの観たら、みんなファンになっちゃうんじゃないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。