太陽を盗んだ男

Amazon.co.jp: DVD: 太陽を盗んだ男
昼から時間ができたので、図書館に行き、『太陽を盗んだ男』を観た。すごい映画だった。沢田研二演じる中学教師が原爆を作って、菅原文太を中心とした警察、ひいては政府を脅していくという話。原爆を作るまでの様子は、実験好きの私には堪らない内容だし、途中からジュリーVS文太という構図になるのだが、それも見物。もう笑っていいんだか悪いんだか判断つかないような感じになってくるが、とにかく圧倒された。特に最後の方の文太の執念がすごい。あと、1979年の映画だが、ジュリーの演技が今観ても全然古くないのも驚きだ。やっぱりカリスマなんだろうな。体の細さなどを見るにつけ、一年前にコンサートで見た彼との差を感じてしまうが、それは仕方ないか。すごく好きな映画を見つけて嬉しかった。

amazonのwebサービスに登録したので、DVDの画像を貼ってみた。実際に観たのはLDだけど。web上のリンクから直接買い物をされると、私に少し収入があるというアソシエイトというサービスにも登録した。というか、これに申し込まないと画像にリンクできないのかと思っていたらどうも違ったようだ。

小栗左多里著『ダーリンは外国人2』読了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。