2010年に観た映画

今年は2月にタマフル映画祭に行ったことで刺激されて、前半は意識的に映画を観ていた。夏から秋にかけては仕事がピークだったこともあって、あんまり観られなかったけど。以下、個人的映画ランキング2010。

1. シャーロック・ホームズ
2. キック・アス
3. 息もできない
4. パーマネント野ばら
5. 特攻野郎Aチーム
6. ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
7. ヒックとドラゴン
8. ブルーノ
9. オーケストラ
10. 大奥
11. 私の優しくない先輩
12. 第9地区
13. アイアンマン2
14. 時をかける少女(仲里依紗版)
15. ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
16. NINE
17. プリンセスと魔法のキス
18. ハートロッカー
19. 矢島美容室 -夢をつかまえネバダ!-
20. パレード

もっと頭良さそうな順位にしたい気持ちと、本音がケンカして本音が勝った。
1位の「シャーロック・ホームズ」は、2回観てしまった。私にも腐女子成分があるのかも。ロバート・ダウニー・Jrとジュード・ロウのコンビが良かったな。
2位の「キック・アス」は今年最後に観た映画。クロエ・グレース・モレッツの戦闘シーンが素晴らしかった。
3位の「息もできない」はガツンときた。
4位の「パーマネント野ばら」はリアリティのある登場人物が良かったな。小池栄子に助演女優賞を差し上げる。
5位の「特攻野郎Aチーム」は何も考えずに観られる。キャラもぴったりで、続編ができたらいくらでも観られる気がしたんだけど、本国でヒットしていないらしいのが残念。こうやって振り返ると最後の3つ以外はどこかしら好きだ。

18位の「ハートロッカー」は、観たときに主人公の職業を理解していなかったこともあって、何だかよく分かんないまま緊張を強いられているような感じだった。町山智浩さんの批評を聴いて理解はしたけど、もう一度観る気は起きなかった。
19位の「矢島美容室 -夢をつかまえネバダ!-」はミュージカルとして観に行ったら、ダンスがダサくてキレがなかったのが残念だった。あえて言うなら最初に看板に石がぶつかるオープニングだけわくわくした。
20位の「パレード」は、何かテーマが「今さらこの感じ?」って感じでイライラしてしまった。「矢島美容室」とかは面白かったらメッケもんくらいの気持ちで観に行っているけど、「パレード」は最初に期待して観に行ったのが悪かったのかも。行定監督作品ってちゃんと観たことなかったけど、もしかしたら「クローズド・ノート」も「別に」って思うような出来だったんじゃないか。どちらにせよ「言っちゃダメ!」とは思うが。

今年は観逃した映画が結構ある。「ボーイズ・オン・ザ・ラン」、「(500)日のサマー」、「十三人の刺客」、「SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」、「ぼくのエリ200歳の少女」、「ヒーローショー」の辺りはDVDで観ないとな。
あと、観ようと思えば観られたけど、友人とワイワイ言いながら観ようと思ってDVDを待ってるのは「恋するナポリタン」。もう4月に鑑賞会を開くことを予定している。楽しみだなあ。