テオ・ヤンセン展に行ってきた

先々週の金曜日(1/7)に、お台場の日本科学未来館で開催されている『テオ・ヤンセン展』に行ってきた。
テオ・ヤンセンはオランダのアーティストで、プラスチックチューブから作られた体を持ち、風からエネルギーを取り込んで歩く「ビーチアニマル」を作っている。

入り口

前から見たかったのだが、機会を逃していて生で見るのは今回が初。やっぱり印象が違うものだな。

こんな部分や

間接

こんな部分も

ペットボトルの筋肉

よく見える。

展示はテオがビーチアニマルを作り始めた1990年からの進化の歴史をたどるつくりになっていて、過去のビーチアニマルもたくさん展示されている。

進化の過程で木製のビーチアニマルもあったのが意外だった。

木製

最新のビーチアニマルは動いているところも見られる。触覚が付いて、障害物や水などをよけられるようになっていた。解説のお姉さんが言っていた「テオの夢は自分が死んだ後もビーチアニマルが生き続けることです」という話が印象的だった。最終的には自らを補修したりできるようになるのだろうか。子孫が残せる様になったらびっくりだけど。

移動するビーチアニマル

テオの工房をイメージした展示もあって、コンピュータがATARIだったのが素敵。

ATARI

ビーチアニマルの模型を作るワークショップもあったのだが、私が行った時間には終わっていたのが残念。ちゃんと調べて行けば良かった。

ミュージアムショップに素敵なTシャツがあったので購入。他にも模型や書籍が売っていて気になった。

ヤンセン機構Tシャツ

テオ・ヤンセン展~生命の創造~

日本科学未来館

2010年12月9日(木)~2011年2月14日(月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。