ベイクドチーズケーキにまつわる研究

一年半くらい前にチーズケーキを焼くのにはまっていた。
この記事はその頃に書いて保留しておいたのだが、塩漬けにしていても古くなるばかりだし、せっかく分量や温度を変えて、自分好みに作れるようになったので、備忘録として公開しようと思う。

目次

【基本編】基本のチーズケーキの作り方

チーズケーキも色々あるが、私は甘くてふわふわしたタイプよりも、酸味があってねっとりしたタイプの方が好きだ。NYチーズケーキのレシピを元に、作りやすい材料、好みの味にアレンジした。

因みに我が家のオーブンレンジはターンテーブルで、天板に水を張れないため、大小の耐熱容器を重ねて湯煎焼きをしている。この後、なぜケーキ型でなく保存容器で焼いているのかと思われるかもしれないが、そういう訳である。
それはそれで、焼き上がりをそのまま蓋して冷蔵庫に入れられるので便利だ。

材料(700cc の耐熱容器1つ分)

基本の材料

  • クリームチーズ 200g
  • ギリシャヨーグルト 100g
  • 砂糖 40g
  • 卵 2個
  • レモン汁 大さじ1
  • クラッカー 12枚
  • バター 24g

手順

1. クリームチーズ、卵を冷蔵庫から出して常温に戻す。
2. 耐熱容器にクッキングペーパーを敷く。

クッキングペーパー

3. クラッカーをビニール袋に入れて砕き、バターを加えてもむ。(ちなみにバターの分量が24gなのは、8g毎に個包装されたものを買っているからであり、グラム単位でこだわっている訳ではない)

クラッカー

4. 3を耐熱容器の底に押し広げて、土台を作る。

土台

5. この辺りでオーブンを170度で予熱開始。湯煎焼きにするので、一回り大きい耐熱容器に水を張って入れておく。
6. クリームチーズを泡立て器で混ぜて、なめらかにする。砂糖→卵→ヨーグルト→レモン汁の順で加えていき、その都度、なじませる。

混ぜる

7. 6を耐熱容器にそそぐ。

注ぐ

8. オーブンで60分間湯煎焼き。

焼く

9. 完成!焼き立てよりも、冷やした後の方がねっとりして好み。

出来上がり

食べる

【応用編】熱量を抑える試み

自分好みのレシピができて満足したが、さらなる研究を続けた。

クリームチーズの熱量は100gあたり341kcal。
対してギリシャヨーグルトは100gあたり100kcalである。
つまり、ヨーグルトの比率を上げれば熱量が減る。
どこまでヨーグルトの比率を上げられるかを試してみた。

クリームチーズ100g+ギリシャヨーグルト200g

材料2
まずは、クリームチーズとヨーグルトの分量を逆にしてみた。
クリームチーズに比べると、ギリシャヨーグルトの方が水分が多い感じがしたので、焼き時間を70分にした。
パターン2出来上がり
若干なめらかさに劣るが、十分おいしい。
豆腐の絹ごしと木綿のなめらか度の差を100だとしたら、20くらいの差だと思う。比較しなければ気にならない程度。味も少しさっぱりしているが、これくらいで十分という気もする。

ただ、作る前から分かっていた欠点が一つ。
クリームチーズは大体200g程度の塊で売っているので、この分量だと半分余ってしまい、「早く使い切らねば」というストレスがあるのだ。
卵料理の材料に「卵黄」があると、「卵白をどうしたものか」と思って面倒な気持ちになる、あれである。(あるあるみたいに書いたけど、単に私がものぐさなだけかもしれない)
パターン2食べる

クリームチーズなし+ギリシャヨーグルト300g

材料3
クリームチーズを使わず、全部ヨーグルトにしてみる。
チーズケーキと言いつつチーズが入っていない。
「無果汁」と書かれたジュースを見るような心持ちだが、ここまできたら試さないわけにはいかぬ。
パターン3焼き上がり
先ずもっての違いとして、焼き色が付かない。あと量が減っている。材料中の水分が多いからだろう。お菓子のヨーグレットを思い出す味だった。
パターン3食べる

  クリームチーズ2:ヨーグルト1 クリームチーズ1:ヨーグルト2 ヨーグルトのみ
味・食感 ねっとり。なめらか。 ややさっぱり。若干きめが粗い。 甘い。もさもさしている。
1台分の熱量 1508 kcal 1267 kcal 1026 kcal

今後の展望

フルーツ入りのチーズケーキ

少し前に巷で桃モッツァレラが話題になっていたが、桃なども合いそうである。
洋ナシなども良さそう。

甘くないチーズケーキの模索

主な材料はチーズと卵なのだし、砂糖を入れなければおかずになるのではないか。
ほうれん草とベーコンを入れたら、キッシュの様になりそうな気がする。
だったら、キッシュを作った方が簡単ではないかと思う向きもあろう。
私もそう思っている。

1月棚卸し

 1月にあったあれこれを記録しておこうと思う。もう2月も半ばを過ぎているが気にしない。そういうこと気にしてると、また10か月何も書かなかったりするのだ。

舞台・イベントなど

テオヤンセン展

 7日に、お台場の日本科学未来館で開催されている『テオヤンセン展』に行ってきた。これについては、ひとつ前のエントリで詳しく書いた。

シベリア少女鉄道

 同じ日にシベリア少女鉄道の舞台『もう一度、この手に』に行ってきた。ここ何作かは小粒な印象だったけど、久々に大傑作なんじゃないか(偉そうでごめんなさい!)。『アルジャーノンに花束を』を読んだときみたいな体験をした。「誤植?と思ったら狙いか!」みたいな。笑ったなあ。あと町田マリーってナレーション上手いのな!

MINE★ROCK FESTIVAL 2

 22日にローディーの峰さんという方が主催のロックイベントに行った。去年に引き続きの参加。基本的に峰さんが機材を担当している好きなバンドが出演するイベントで、雰囲気がとてもいいのが気に入っている。今年はKIMONOS、MONOBRHIGT、THE BACK HORN、Galileo Galilei、サンボマスター、SCOOBIE DO、HINTO、HaKUが出演。初めてみたバンドのHINTOがとても好みだった。あとライブが観られると思っていなかったKIMONOSを観られたのが良かった。次回も開催して欲しいのだが、出演者が豪華なのにチケット代が安くて運営が心配だ。せめてもの足しにとイベントグッズを購入した。

小旅行

初詣

 8日に同僚と一緒に鎌倉の鎌倉宮と鶴岡八幡宮に行った。鎌倉宮は初めて行ったが、小皿に息を吹きかけてから石に投げつけて割ると厄払いできるというコーナーがあって、思い切りぶつけたら気持ちよかった。この日はそのまま同僚の家にお邪魔させてもらって、お笑いDVDを観たりして過ごした。私も『南くんの恋人(深キョン・二宮版)』の第9話のDVDを持って行き、みんなに「ひゃー」と言わせることができて満足。

タワーめぐり

 22日に家族が遊びに来た。「スカイツリーと東京タワーに行きたい」というリクエストだったので、道案内に徹する。Google Mapと乗換案内アプリと食べログで。便利。近場で観光するのが結構楽しいということに気づいた。あと、どう考えても東京タワーの方がかっこいいということも再認識。

隅田川からスカイツリー
レトロフューチャー

他の写真

その他

タジン鍋

 ずっと欲しいと思いながらも、場所をとりそうなので躊躇していたのだが、伊集院光のラジオに背中を押されて購入してしまった。と言っても980円の小さいタイプだけど。最初は上の方に火が通る頃に下が焦げ付いたりしてたけど、途中で上下をかき混ぜたら大丈夫だった。確かに、じゃがいもがねっとりと甘くなる気がするし、意外と使い勝手がいい。そのまま食器になるし。ルクエとか「食卓に出せます」っていうけど、ちょっと「うーん」だもの。

初タジン鍋
塩肉じゃが

伊集院光のラジオがきっかけになって購入したものって結構あるなあ。水泳中に使えるiPodケースとか、ゴマ豆乳鍋つゆとか、土風炉のもっちり豆腐とか。はなまるうどんも何となく選びがちだし。一番消費に結びついている芸能人かもしれない。

以上