1月棚卸し

 1月にあったあれこれを記録しておこうと思う。もう2月も半ばを過ぎているが気にしない。そういうこと気にしてると、また10か月何も書かなかったりするのだ。

舞台・イベントなど

テオヤンセン展

 7日に、お台場の日本科学未来館で開催されている『テオヤンセン展』に行ってきた。これについては、ひとつ前のエントリで詳しく書いた。

シベリア少女鉄道

 同じ日にシベリア少女鉄道の舞台『もう一度、この手に』に行ってきた。ここ何作かは小粒な印象だったけど、久々に大傑作なんじゃないか(偉そうでごめんなさい!)。『アルジャーノンに花束を』を読んだときみたいな体験をした。「誤植?と思ったら狙いか!」みたいな。笑ったなあ。あと町田マリーってナレーション上手いのな!

MINE★ROCK FESTIVAL 2

 22日にローディーの峰さんという方が主催のロックイベントに行った。去年に引き続きの参加。基本的に峰さんが機材を担当している好きなバンドが出演するイベントで、雰囲気がとてもいいのが気に入っている。今年はKIMONOS、MONOBRHIGT、THE BACK HORN、Galileo Galilei、サンボマスター、SCOOBIE DO、HINTO、HaKUが出演。初めてみたバンドのHINTOがとても好みだった。あとライブが観られると思っていなかったKIMONOSを観られたのが良かった。次回も開催して欲しいのだが、出演者が豪華なのにチケット代が安くて運営が心配だ。せめてもの足しにとイベントグッズを購入した。

小旅行

初詣

 8日に同僚と一緒に鎌倉の鎌倉宮と鶴岡八幡宮に行った。鎌倉宮は初めて行ったが、小皿に息を吹きかけてから石に投げつけて割ると厄払いできるというコーナーがあって、思い切りぶつけたら気持ちよかった。この日はそのまま同僚の家にお邪魔させてもらって、お笑いDVDを観たりして過ごした。私も『南くんの恋人(深キョン・二宮版)』の第9話のDVDを持って行き、みんなに「ひゃー」と言わせることができて満足。

タワーめぐり

 22日に家族が遊びに来た。「スカイツリーと東京タワーに行きたい」というリクエストだったので、道案内に徹する。Google Mapと乗換案内アプリと食べログで。便利。近場で観光するのが結構楽しいということに気づいた。あと、どう考えても東京タワーの方がかっこいいということも再認識。

隅田川からスカイツリー
レトロフューチャー

他の写真

その他

タジン鍋

 ずっと欲しいと思いながらも、場所をとりそうなので躊躇していたのだが、伊集院光のラジオに背中を押されて購入してしまった。と言っても980円の小さいタイプだけど。最初は上の方に火が通る頃に下が焦げ付いたりしてたけど、途中で上下をかき混ぜたら大丈夫だった。確かに、じゃがいもがねっとりと甘くなる気がするし、意外と使い勝手がいい。そのまま食器になるし。ルクエとか「食卓に出せます」っていうけど、ちょっと「うーん」だもの。

初タジン鍋
塩肉じゃが

伊集院光のラジオがきっかけになって購入したものって結構あるなあ。水泳中に使えるiPodケースとか、ゴマ豆乳鍋つゆとか、土風炉のもっちり豆腐とか。はなまるうどんも何となく選びがちだし。一番消費に結びついている芸能人かもしれない。

以上

SKETCH SHOW

恵比寿ガーデンホールにL’ULTIMO BACIOを観に行った。出演者はSKETCH SHOW小山田圭吾AOKI TakamasaYoshihiro HANNO
オープニングはAOKITakamasa。mac2台での演奏だった。音は好みだったのだが、途中で何度も何度もmacが落ちて、客席から「頑張って再起動!」などと励まされていた。macのディスプレイの後ろについているりんごのマークが、消えたり付いたりするのでこちらにも分かるのだ。どうも熱と振動によるものらしい。音が途切れるたびにお茶目に謝っていた。PCの楽器としての弱さだなあ。芝居の音響でも結構PCが使われてるけど、場合によっては芝居の方がもっと深刻だ。何台用意したら安心なんだろうか。
次はYoshihiro HANNOの演奏。最初はmacで、途中から生楽器が沢山入ってきた。ゲストでクラムボンの原田郁子も登場して盛り上がった。原田郁子の声はとてもよく通って良かった。声だけでも行きていけるだろう素材を持っていて、ピアノも弾けて、曲も歌詞も作れるんだからひっぱりだこなのもうなずける。演奏とは関係ないが、原田郁子が抜けた辺りで、だんだん具合が悪くなってきて、とうとうめまいがして倒れてしまった。実は朝から家で作業をしていて、ご飯を食べるのを忘れていたので、貧血になったらしい。休憩に入ってから、支えてくれた周りの人に謝ってお礼を言い、後ろに移動した。ご飯を食べずに倒れるなんて、ダイエット中の少女漫画の主人公のようで、自分にうけた。

最後はSKETCHSHOWと小山田圭吾の演奏。これはやっぱり一番良かった。高橋幸宏が生ドラムとドラムマシーン、細野晴臣がベースとPC、小山田圭吾がギターとVJという布陣のようだった。あとどうも見えないところにもう一人いたらしい。以前に見たライブが8人編成だったので、すごくシンプルに見えた。映像で黒川良一が参加していたのだが、つまらなくないライブ・ビジュアルを初めて観た。アンコールの時に二階席から小さい男の子の声で「僕のおじいちゃーん」と聞こえてきて、会場が暖かくなる場面もあった。