1月棚卸し

 1月にあったあれこれを記録しておこうと思う。もう2月も半ばを過ぎているが気にしない。そういうこと気にしてると、また10か月何も書かなかったりするのだ。

舞台・イベントなど

テオヤンセン展

 7日に、お台場の日本科学未来館で開催されている『テオヤンセン展』に行ってきた。これについては、ひとつ前のエントリで詳しく書いた。

シベリア少女鉄道

 同じ日にシベリア少女鉄道の舞台『もう一度、この手に』に行ってきた。ここ何作かは小粒な印象だったけど、久々に大傑作なんじゃないか(偉そうでごめんなさい!)。『アルジャーノンに花束を』を読んだときみたいな体験をした。「誤植?と思ったら狙いか!」みたいな。笑ったなあ。あと町田マリーってナレーション上手いのな!

MINE★ROCK FESTIVAL 2

 22日にローディーの峰さんという方が主催のロックイベントに行った。去年に引き続きの参加。基本的に峰さんが機材を担当している好きなバンドが出演するイベントで、雰囲気がとてもいいのが気に入っている。今年はKIMONOS、MONOBRHIGT、THE BACK HORN、Galileo Galilei、サンボマスター、SCOOBIE DO、HINTO、HaKUが出演。初めてみたバンドのHINTOがとても好みだった。あとライブが観られると思っていなかったKIMONOSを観られたのが良かった。次回も開催して欲しいのだが、出演者が豪華なのにチケット代が安くて運営が心配だ。せめてもの足しにとイベントグッズを購入した。

小旅行

初詣

 8日に同僚と一緒に鎌倉の鎌倉宮と鶴岡八幡宮に行った。鎌倉宮は初めて行ったが、小皿に息を吹きかけてから石に投げつけて割ると厄払いできるというコーナーがあって、思い切りぶつけたら気持ちよかった。この日はそのまま同僚の家にお邪魔させてもらって、お笑いDVDを観たりして過ごした。私も『南くんの恋人(深キョン・二宮版)』の第9話のDVDを持って行き、みんなに「ひゃー」と言わせることができて満足。

タワーめぐり

 22日に家族が遊びに来た。「スカイツリーと東京タワーに行きたい」というリクエストだったので、道案内に徹する。Google Mapと乗換案内アプリと食べログで。便利。近場で観光するのが結構楽しいということに気づいた。あと、どう考えても東京タワーの方がかっこいいということも再認識。

隅田川からスカイツリー
レトロフューチャー

他の写真

その他

タジン鍋

 ずっと欲しいと思いながらも、場所をとりそうなので躊躇していたのだが、伊集院光のラジオに背中を押されて購入してしまった。と言っても980円の小さいタイプだけど。最初は上の方に火が通る頃に下が焦げ付いたりしてたけど、途中で上下をかき混ぜたら大丈夫だった。確かに、じゃがいもがねっとりと甘くなる気がするし、意外と使い勝手がいい。そのまま食器になるし。ルクエとか「食卓に出せます」っていうけど、ちょっと「うーん」だもの。

初タジン鍋
塩肉じゃが

伊集院光のラジオがきっかけになって購入したものって結構あるなあ。水泳中に使えるiPodケースとか、ゴマ豆乳鍋つゆとか、土風炉のもっちり豆腐とか。はなまるうどんも何となく選びがちだし。一番消費に結びついている芸能人かもしれない。

以上

テオ・ヤンセン展に行ってきた

先々週の金曜日(1/7)に、お台場の日本科学未来館で開催されている『テオ・ヤンセン展』に行ってきた。
テオ・ヤンセンはオランダのアーティストで、プラスチックチューブから作られた体を持ち、風からエネルギーを取り込んで歩く「ビーチアニマル」を作っている。

入り口

前から見たかったのだが、機会を逃していて生で見るのは今回が初。やっぱり印象が違うものだな。

こんな部分や

間接

こんな部分も

ペットボトルの筋肉

よく見える。

展示はテオがビーチアニマルを作り始めた1990年からの進化の歴史をたどるつくりになっていて、過去のビーチアニマルもたくさん展示されている。

進化の過程で木製のビーチアニマルもあったのが意外だった。

木製

最新のビーチアニマルは動いているところも見られる。触覚が付いて、障害物や水などをよけられるようになっていた。解説のお姉さんが言っていた「テオの夢は自分が死んだ後もビーチアニマルが生き続けることです」という話が印象的だった。最終的には自らを補修したりできるようになるのだろうか。子孫が残せる様になったらびっくりだけど。

移動するビーチアニマル

テオの工房をイメージした展示もあって、コンピュータがATARIだったのが素敵。

ATARI

ビーチアニマルの模型を作るワークショップもあったのだが、私が行った時間には終わっていたのが残念。ちゃんと調べて行けば良かった。

ミュージアムショップに素敵なTシャツがあったので購入。他にも模型や書籍が売っていて気になった。

ヤンセン機構Tシャツ

テオ・ヤンセン展~生命の創造~

日本科学未来館

2010年12月9日(木)~2011年2月14日(月)

Make: Tokyo Meeting 02

またしても久々になってしまった。ここ数ヶ月、余裕がない。余裕がないと僻みっぽくなる気がして、嫌だ、嫌だ。で、今日は何となく休日出勤を匂わされていたのを交わして、多摩美で行われた『Make: Tokyo Meeting 02』に行ってきた。ほんと楽しかった。
好きです!プリント基板!好きです!はんだごて!
make_tokyo_meeting02
着いたのが遅くてパフォーマンスはあまり見られなかったけど、「スピードケーブリング公式大会」が意外と盛り上がった。司会の方(金井哲夫さん)が観客を取り込むのが上手だったんだと思う。これは簡単に言うと、「こんがらがったLANケーブルを速く解く競争」なのだが、公式大会と言うだけあって国際レギュレーションに沿って行われていた。LANケーブルはカテゴリー5という決まりで、3分間乾燥機にかけて絡ませる。あと、テーブルの上で行うのだが、解き中のケーブルが床に着いたら失格になる。くだらないことをまじめにやるのは、非常に好みだ。優勝者の職業はプログラマだったのだが、「じゃあ、あんまりこういった(ケーブルをいじったりする)ことはないですね」と訊かれたときに、「いや、これは所謂スパゲッティーコードと言うやつで」と言っていて、私を含め数人だけが笑った。私の職業がばれたような気がして恥ずかしかった。セグウェイにも乗れたし、いろいろ刺激を受けたので、行って良かった。

あと、今日は結構買い物をする気で行ったのだが、「Make:」の日本語版2冊とGainerの会場限定セットを買った。
gainer_set
アップで!
gainer
bread_board
もうひとつ!
素敵だ。夢が広がる。明日は早く起きて会社に行こう。

明和電機ナンセンス=マシーンズ展

今日は昼間、友達と明和電機の「明和電機ナンセンス=マシーンズ展」を観に行った。明和電機は素晴らしいなあ。明和電機製品の展示会で、実際に試すことができるものもあって、明和電機コスプレコーナーなどもあった。勿論係員は皆制服着用だ。展示で特に良かったのは、楽器の自動演奏で、中でもEDELWEISSシリーズのメカフォークとセーモンズとマリンカの演奏は感動した。あとEDELWEISSシリーズの構想段階のスケッチが沢山展示してあったのだが、当たり前なのかもしれないが、絵が上手かった。それでいて、ちゃんと可動部分の設計図なども描いているのだ。すごいなあ。芸術性と製造業が両立している。ナンセンスな中にメッセージ性があって、とてもいいバランス感覚だ。直球でメッセージを投げられても、あまり受け取る気になれないように思う。DVD映像を流しているコーナーなどもあって、ずっと観ていたかったのだが、5限の授業の時間があったので切り上げなくてはならなかったのが残念。